手作りのバレンタインチョコを贈りたいという人も多いと思います。チョコレートと一口に言っても色々な種類のお菓子や作り方がありますが、簡単にバレンタインチョコを作れる方法もありますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。チョコレートを作る基本は溶かす、刻む、練る、冷やすです。一工夫するだけで色々なチョコレートを作ることも出来ますので、簡単にバリエーションを増やすことも出来ますよ。

生クリームとチョコレートを合わせたものをガナッシュと言いますが、生クリームと合わせて冷やし固めるだけで生チョコレートになります。泡立てた生クリームを使うとチョコレートムースが出来ます。フルーツを加えたりリキュールを加えるだけでもバリエーションが広がります。艶々して綺麗なバレンタインチョコを作りたい場合には、テンパリング(温度調節)をしっかり行う必要があります。チョコレートを温めて溶かしてからカップに入れて固めたり、フルーツにチョコレートをかけて固めたりします。

溶かしたチョコレートを生地に混ぜてケーキを作ったり、色々な方法で利用することが出来ます。クッキーの生地を丸く平らに伸ばし、真中に少しだけ溶かしたチョコレートを入れて包み込みます。簡単ですがこれだけでも中からチョコレートが出てきて美味しいですよ。マーブル模様にすることも出来ます。大きめに刻んだチョコレートを生地に入れると食感も変わるので楽しいですよ。

トリュフを作ったり、ケーキを作って渡すという人もいると思います。バレンタインチョコはさまざまな種類が販売されていますが、包装などにもこだわり自分だけのオリジナルを作るのも楽しいですよね。簡単にバレンタインチョコが作れるキットなども販売されますので利用するのもいいでしょう。キットを利用すると色々なチョコレートを作ることが出来ますので楽しくなると思います。当日失敗すると困りますので、事前に練習して何度か作ってみると安心ですよ。


このサイトを購読する