バレンタインチョコは気持ちを贈るもの

2009年7月22日 09:01 | コメント(0) | トラックバック(0)

バレンタインチョコは、日頃の感謝の意味を込めたり、友情の証として職場の同僚や同級生などに贈るという人もたくさんいます。贈る相手に合わせて1つずつバレンタインチョコを選ぶという人もいますし、同じチョコを何個もまとめて購入するという人もいます。

最近ではお酒やタバコの形をしたバレンタインチョコや、キャラクターのチョコなど色々とユニークなチョコも多く、人気も高くなっています。少し値段が高くてもお洒落なチョコを選ぶという女性もいます。自分のセンスを生かしたバレンタインチョコにするのか、笑えるような変わったチョコにするのか選ぶのも大変です。

豊富なバレンタインチョコは見ているだけでも楽しく、ワクワクした気持ちにさせてくれます。欲しい物が多く思わず買い過ぎてしまったという女性もいるのではないでしょうか。義理チョコでも相手が喜んでくれるようにと必死に選び、「いつもありがとう」という言葉を添えられたら男性は嬉しい気持ちになると思います。

バレンタインチョコは値段に関係なく、気持ちを贈るものですから、義理チョコであろうと本命チョコであろうと、しっかりとお返しをするのが礼儀でしょう。コンビニエンスストアでもバレンタインチョコは販売されますが、お菓子作りが好きという人なら、手作りのバレンタインチョコを贈るのもいいですね。

 貞操帯  楽天で競馬  楽天証券でお得な株取引

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

手作りのバレンタインチョコにチャレンジ
手作りのバレンタインチョコを贈りたいという人も多いと思います。チョコレートと一口に言っても色々な種類のお菓子や作り方がありますが、簡単にバレンタインチョコを作れる方法もありますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
バレンタインデーは一年に一度、女性が男性に想いを伝える日
逆にもらって困るというプレゼントは手編みのマフラーやセーターだそうです。付き合っている相手からなら嬉しいプレゼントとなりますが、いきなり手編みの物をプレゼントされても、使いにくい、気持ちが重いという印象を与えてしまうそうです。
手作りのバレンタインチョコ
お母さんと一緒に頑張って手作りのバレンタインチョコを作って渡したという人もいるでしょう。お父さんに冷やかされながらバレンタインチョコを作ったという人もいると思います。
ホワイトデーにはバレンタインチョコのお返しを
ホワイトデーにバレンタインチョコのお返しを贈る場合、何をお返ししたらいいか分からないという人もいると思います。気持ちを形にするのが目的ですから何を贈るかは購入する人の自由です。
ネクタイなどプレゼントも一緒に贈ろう
バレンタインには義理チョコも買うので、たくさんチョコを購入するという人もいると思いますが、本命にバレンタインチョコを贈る場合、プレゼントも一緒に渡してみてはいかがでしょう。
人気のバレンタインチョコレート
バレンタインチョコで一番人気があるのは、ベルギー王室御用達の伝統的な「ゴディバ」のチョコです。トリュフなどもお勧めで味はもちろん抜群ですが、価格は高めとなります。
バレンタインセール
現在2月14日は女性が男性にバレンタインチョコを贈り、好きな人に気持ちを伝える日となっています。バレンタインにチョコを贈るというのは日本ならではの風習となっていますが、アメリカやオーストラリアなどではカードやお菓子、花束などを贈り日となっています。
バレンタインチョコの予算
バレンタインチョコの予算も気になる部分だと思います。贈る相手によってチョコの価格も変わってくるようですが、義理チョコの場合には800円ほど、本命チョコの場合には2,200円ほどというのが、バレンタインチョコの平均予算となっています。
本命の人に贈るバレンタインチョコ
毎年2月が近付くと、「今年のバレンタインチョコはどうしよう」と、たくさんの人が頭を悩ませます。本命の人に贈る予定のある人はより必死になり、悩みも大きくなるのではないでしょうか。
バレンタインチョコは気持ちを贈るもの
バレンタインチョコは、日頃の感謝の意味を込めたり、友情の証として職場の同僚や同級生などに贈るという人もたくさんいます。贈る相手に合わせて1つずつバレンタインチョコを選ぶという人もいますし、同じチョコを何個もまとめて購入するという人もいます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/804

コメントする



このサイトを購読する